まりも日和

先天性腎臓形成不全による重度の腎不全のため、2歳と18日で虹の橋へ旅立った愛犬「まりも」について綴った「まりも物語」(腎不全と闘った642日間の記録)と、2020年8月に我が家にやってきたおてんば娘「ぴりか」の成長記録「ぴりか日記」、ハンドメイドについて書いた「Atelier Marimo」、その他夫婦二人生活の日々の出来事や思うことを綴ったブログです。

ぴりか日記:お泊まりトレーニングに出発!

f:id:Marimotan:20211104180045j:image

お泊まりトレーニングに出発!

こんにちは。

今日の横浜市は気持ちの良い晴天で、やはり朝は肌寒いですが、陽射しは暖かくポカポカしています。

明日から私と夫は2年ぶりの札幌ですが、明日の朝は早朝の出発になる為、ピリカはひと足先に今日からお泊まりトレーニングです。今日の夕方から預けようか悩みましたが、今日は私も夫も出勤ですし、休み前に済ませる仕事もあり残業が予想されます。であれは、朝からお友達とたくさん遊べる方がピリカも楽しいと思うので、ピリカにはひと足先に出発してもらいました。

横浜市は今週末まで晴天が続く予定ですから、ピリカはお友達とたくさん走り回って楽しく過ごしてくれるでしょう。

心配無用とはおもうけれど・・・

今回ピリカを預けるのは毎週通っているトレーニング教室で、トレーナーさんもマリモの時からのお付き合いです。ピリカも慣れていますから問題無いのは解っていますが、初めてのお泊まりトレーニングなので、やはりちょっと心配です。

ピリカはマリモと違い健康ですから体調面での心配はしていませんが、マリモが我慢強く空気を読む子だったのに対し、ピリカは良くも悪くも自由奔放で気が強く、あまり我慢ができる方ではありません。そして意外と寂しがり屋さんです。

フレンドリーで明るい性格なのでお友達とは仲良く遊ぶでしょうが、夜になり毎日私に抱っこされながらウトウトする時間が来たら、ママを恋しがって寂しい思いをするのではないか、数日お迎えに行かないことで捨てられたと思いはしないか、etc・・・。夫には呆れられますが心配は尽きません。自分でも過度に心配性なのは分かっているのですが、コロナ禍もありピリカを数日単位で預けたことが無かったので、やはり心配です。

f:id:Marimotan:20211104180109j:image

過保護な飼い主です(−_−;)

昨夜、ピリカの3泊4日のトレーニングに向けて準備をしていると、「相変わらず細かいなぁ」と夫が苦笑しながら覗いてきました。

私が準備していたのは、ピリカのご飯(ドライフード)1回30g✖️4日分を1回分ごとにラップで包んだ物と、ドライフードにトッピングするお肉や野菜、おやつ類、着替え、愛用のブランケットでしたが、夫はドライフードを全部きっちり計りで30g毎に分ける姿に半ば呆れたようです。私も普段の家での食事では目分量で適当にやりますが、人に預けるとなると全て計測して過不足なく整えておかないと心配でなりません。自分でも過保護でペット離れできていない飼い主だと思います。

夫が出勤するようになって

夫が在宅勤務の時は、ピリカは夫に任せて一人で出かけることもありましたが、夫が出勤に戻ってからは日中もピリカが気になって仕方ありません。しっかり戸締りができているか、ちゃんとエアコン入れてあるか等、数え上げたらきりがなく、家に帰りたくなります。

マリモをお留守番させている時も体調が急変していないか心配でしたが、不思議なことに元気なピリカをお留守番させている今の方が不安は大きいです。とくに関東に大きめの地震があってからは、日中に大地震が来たらどうしようかなど不安は尽きません。先日、久しぶりにサッカーの試合を見に行ってきたのですが、戸締りを夫にお願いして自分で確認していなかったこともあり、途中から窓の鍵が気になって、試合終了後は余韻に浸る夫の手を引いて一目散に帰ってきてしまいました。

夫が家にいると何か気になれば連絡して確認すれば良かったのですが、夫が居ないとそうもいかないので、慣れるまではピリカより私の方が時間がかかってしまいそうです。

明日は札幌

何かと不安は尽きないですが、明日からは2年ぶりの札幌です。義父に会うのも久しぶりですし、一緒にたくさん美味しい物を食べてリフレッシュしてこようと思います。