まりも日和

先天性腎臓形成不全による重度の腎不全のため、2歳と18日で虹の橋へ旅立った愛犬「まりも」との思い出(腎不全と闘った642日間の記録)と、新入りの「ぴりか」の成長と家族の日々の記録

実家のチーちゃんが危篤に・・・

f:id:Marimotan:20201028203449j:plain

チーちゃん。2007年冬。

実家のチーちゃん、危篤に陥る

こんにちは。

ピリカとの生活リズムも整ってきて、なんとなく生活が落ち着いてきたなと思っていた矢先、今週月曜日の昼に実家の母からヨークシャーテリアのチーちゃん(15歳)が危篤だとの連絡が入りました。

チーちゃんはうちの実家で飼われている犬で、今年で15歳を迎えた老犬です。チーちゃんは今から15年前の初冬に、母と私が暮らしていた実家にやってきました。

当時、私はまだ結婚しておらず、父と長年の親友を相次いで亡くして軽いうつ状態だった母と暮らすべく、実家に戻っていました。しかし娘と同居すれば少しは元気になってくれるかと思って実家に戻ったものの、母の悲しみは想像以上に深く、半年が過ぎても母はまるで元気を取り戻しません。そこで兄と義姉と私は思案を重ね、母に犬を飼うことを提案したのでした。

しかし当時すでに63歳だった母は、最期まで責任をもって面倒見れるか分からないという理由で、最初は犬を飼うことには否定的でした。特に父はごく普通に家を出た直後に心筋梗塞を起こして突然に死んでしまったこともあり、母は「人はいつ死んでしまうかわからない、年齢的に突然死してもおかしくないし、そうしたら犬は巻き添えを食いかねない。」と、なかなか首を縦に振りません。

それでも兄の家の犬をとても可愛がっていた母は、母に何かあったら私か兄夫婦がその子を必ず引き取って最後まで面倒を見るという約束で、犬を飼うことに同意したのでした。

f:id:Marimotan:20201028203658j:plain

元気に歩くチーちゃん。2012年ごろ。お散歩が大好きだった。

こうしてやってきたのが当時生後3か月半だったヨークシャーテリアのチーちゃんです。名前は母の子供時代のニックネームだったチーコに因んで「チコ」と名付けられましたが、私も母も「チーちゃん」や単に「チー」と呼んで、あまりチコと呼ぶことはありませんでした。

そしてチーちゃんを飼い始めると、母と私の暮らしは一変しました。生後3か月半の仔犬の可愛さと癒し効果は絶大で、母は一気に笑顔が増えました。一日中ヤンチャな仔犬のお世話に追われ、大変だとこぼす表情は柔らかく、私が仕事から帰ると玄関まで走ってくるチーちゃんを後ろから追いかける母の表情には明るさが戻り、目にはみるみる力が戻っていきました。

そして母の生活が落ち着いた頃に私は再び一人暮らしに戻ったのですが、とにかく私も母もチーちゃんを溺愛しました。私は仕事が忙しく出張で留守にしがちで、殆どお世話をする時間はありませんでしたが、休みの日は母と連れ立ってチーちゃんを連れてテラス席犬OKのカフェに出かけたり、ワンコOKの温泉宿に出かけたり、今にして思えばチーちゃんが居たおかげで私の独身時代最後の日々は、結構親孝行もできていたように思います。

その後、母とチーちゃんの平穏な生活は続き、チーちゃんはスクスクと成長していきました。チーちゃんは特に躾をしなくても無駄吠えもしなければ噛み癖もなく、唯一手が掛かったのはトイレをなかなか覚えてくれなかったことぐらいで、とにかく可愛くて手のかからない子でした。

f:id:Marimotan:20201028203609j:plain

結婚式でリングドッグの大役を果たしたチーちゃん

結婚式でリングドッグ

その後私の結婚が決まった時、私と母の希望で結婚式はワンコOKの式場で行うことになりました。チーちゃんはリングドッグとして私の結婚指輪を運ぶ大役を担ってもらうことに。当日の衣装とリングピローは私の手作りで、真っ白なドレスにリングピローを背負えるような造りにしてありました。そして式の当日、たくさんの出席者に見守られたチーちゃんは、堂々とバージンロードを歩き、見事にリングドッグの役目を果たしてくれたのです。

そのようにして15年間もの間、一人暮らしになった母の生活を支えてくれていたチーちゃんが突然弱り始めたのは、私がマリモを虹の橋へと見送り、悲嘆に暮れていた今年の7月の事でした。

元々白内障が進んでいたものの、急激に進行してあっという間に目が見えなくなり、以前は私が遊びに行くと、玄関に近づいてくる足音で気づいてくれたのに、音にも全く反応しなくなりました。そして3kgあった体重はどんどん落ちて、本当に急激に老化が進んでいきました。

私も急激に老化していくチーちゃんが気になって、最近ではピリカを連れて出来るだけ頻繁に実家に通っていたのですが、行くたびにチーちゃんはどんどん老化して細くなっていきます。しかしそれでも食欲だけは衰えることが無く、病犬用の療法食を美味しそうに食べていました。

しかし月曜日のお昼、母からチーちゃんがとうとう何も食べられなくなったと連絡がありました。殆ど眠っていて全く動かないと、母は沈んだ声で話しました。獣医さんの見立てでは、おそらく数日中に老衰を迎えるだろうとの事です。母を深い悲しみから救い、明るい毎日を取り戻してくれたチーちゃん、私の結婚式でも大活躍してくれたチーちゃん、母と私をいっぱい癒してくれたチーちゃん。その大切なチーちゃんが虹の橋に旅立とうとしています。

明日は私も仕事は休んでチーちゃんに会いに行こうと思います。今年はマリモだけでなく、実家のチーちゃんも見送ることになりそうです。

ぴりか日記:いつまで垂れ耳?

f:id:Marimotan:20201025201718j:plain

垂れ耳の真ん中にチョンチョリンを結ったピリカ

いつまで垂れ耳?

こんにちは。

最近、朝晩は寒くなってきましたが、ピリカは毎日元気いっぱいでお散歩に出かけています。思い返せば、先住犬のマリモはとても警戒心が強くてなかなか外を歩きたがらず、アスファルトや土の感触を怖がったので、お散歩デビューにもずいぶん時間が掛かったものでした。しかし、ピリカは活発な性格なこともあり、外の世界に興味津々でどこにでも行きたがります。

毎日近所の公園に散歩に行きますが、そこで出会うワンちゃん達とも飼主さんとも積極的に交流していて、社会化は結構うまくいっているとは思うのですが・・・。なにぶん女の子のくせに乱暴者なので、見ているほうはハラハラし通しです。。

ピリカは先日生後4ヶ月を迎えましたが、お耳は未だに垂れ耳のまま、まだ立つ様子がありません。同時期のマリモの写真を見ると、既に立ち耳になっているのでもうすぐ立ち耳になるとは思いますが、垂れ耳姿も可愛いので、もう少しの間は垂れ耳でいてくれたらいいなと思っています。

まぁ、垂れ耳でも立ち耳でも元気に育ってくれればどちらでも可愛くていいんですけどね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ぴりか日記:2代目 チョンチョ・リンゾウ

f:id:Marimotan:20201016213450j:plain

2代目 チョンチョ・リンゾウを襲名したピリカ。トリミング前の毛が長い時。

2代目 チョンチョ・リンゾウ

こんにちは

先日からチョンチョリンを結ったピリカは、すっかりチョンチョリンが板についてきて、毎日チョンチョリンをなびかせてお散歩をしています。

マリモは我が家に来た時からチョンチョリンを結っており、チョンチョリン頭はまりものトレードマークでした。

ある日、マリモを膝にのせてテレビを見ていた夫は、市川海老蔵さんの出演しているCMを見て「マリモも歌舞伎でもやるか?芸名は『チョンチョ・リンゾウ』にしよう。」と言いだし、その日から夫は度々マリモを「チョンチョ」とか「リンゾウ」と呼ぶようになりました。

f:id:Marimotan:20190721222835j:plain

初代 チョンチョ・リンゾウ 生後4ヶ月頃

 マリモが亡くなってから、そんな言葉を聞くことも無かったのですが、最近チョンチョリンを結ったピリカを見て、夫は「ピリカは我が家の2代目『チョンチョ・リンゾウ』だ!」と言いだし、ピリカは「チョンチョ・リンゾウ」を襲名することになりました。

チョンチョ・リンゾウも襲名したことだし、ピリカもマリモ同様にチョンチョリンがトレードマークのヨーキーとしてご近所さんに可愛がってもらえる子になって欲しいですが、それにはもっとお行儀のいい子にならないと・・・。何せ乱暴者なのでちょっと頭が痛いです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ぴりか日記:初トリミングに行ってきました!

f:id:Marimotan:20201016205709j:plain

トリミング前、まだまだ赤ちゃん顔のピリカ。

初トリミングに行ってきました!

本日、初のトリミングに行ってきました。ピリカももうすぐ生後4ヶ月、赤ちゃんの黒毛とはそろそろお別れです。毎日のブラッシングでも結構暴れるのでトリマーさんを困らせないか心配でしたが、結構いい子にしていたようです。

f:id:Marimotan:20201016205738j:plain

トリミング後、別犬のようです!

別犬参上!

黒毛が無くなってすっかり別犬!でもチョンチョリン部分の毛は結えるように残してもらったので、チョンチョリンだけしっかり黒毛!何だかますますバカ殿っぽい!

あと半年もすればチョンチョリン部分も薄茶色の毛になって、もっと女の子っぽく可愛くなるはず・・・。

明日は公園で他のワンちゃん達に気づいてもらえるかな?別犬だと思われちゃうかな??チョンチョリンがあるからきっと気づいてもらえるね!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

まりもの5回目の月命日

f:id:Marimotan:20200728231215j:plain

毎日夫に抱っこをせがんでいたマリモ

5回目の月命日

こんにちは。

今日はマリモの5回目の月命日です。マリモが虹の橋に旅立ってから早いもので5ヵ月が過ぎましたが、亡くなる前夜に必死で背中を擦り続けたこと、マリモが縋りついてきたこと、酸素ボックスを借りに行くために病院を出ようとしたときに、必死に上体を起こして「行かないで!」と前脚を伸ばしてきたこと、最後に痙攣しながら息絶えてしまった時の事、全て鮮明に覚えています。

あらから我が家にも変化がありました。緊急事態宣言が解除されて私は通常勤務に戻り、その後ピリカが我が家にやってきました。幸いピリカは物凄くお転婆な暴れん坊であること以外、夫に目いっぱい可愛がられながら何の問題もなくすくすく育っています。最近ではお散歩デビューも終わりました。

ピリカは今、マリモが我が家にやってきた時の月齢を少し過ぎて、外見はますますマリモにそっくりです。でもやはりその子によって性格は違うもので、警戒心が強かったマリモは、知らない人には近づいていくことはありませんでしたが、ピリカは好奇心旺盛で人懐っこく、初対面の人でも喜んで近づいていきます。

マリモの食事には最初から最後まで苦労しましたが、ピリカは何でも良く食べてくれます。そして美味しそうにご飯を食べるピリカを見ていると、生まれたときから腎不全のせいで食欲が無く、短かった生涯で殆ど食事を楽しむことのなかったであろうマリモを思い、また涙がこみ上げてきます。

マリモが喜んで食べていたのはサツマイモ、カボチャ、リンゴ、バナナ、チーズ、ヨーグルトでした。中でもお芋は本当に大好きだったので、マリモが居た1年9ヶ月間、マリモが殆ど何も食べなくなってからも、私は毎週2回お芋をふかして我が家の冷蔵庫にはいつでもお芋を常備していました。

今もマリモの仏壇には日替わりでサツマイモ、カボチャ、リンゴが並んでいます。今は全ての苦しさから解放されて大好きなお芋をお腹いっぱい食べているといいのですが・・・

f:id:Marimotan:20201016200547j:plain

元気いっぱいで日々夫を振り回しているピリカ

 夫はマリモが居なくなってからも淡々と暮らし、ピリカが来てからはピリカのお世話に追われてすっかりイクメンになりました。私から見るとちょっと割り切りすぎと言いますか、切り替え早すぎ!って思っていましたが、先日衣替えをしてビックリ!昨年はウエストがきつめだったパンツがすっと入っています。

体重を測ってみると夫はマリモが亡くなってから3kg以上も体重を減らしていました。私もマリモの葬儀の後は思いっきり寝込んであまり食事が喉を通らず、5kg近く体重を落としましたが、夫も普段通りに見えてもやはり私と同じように食事が喉を通らなかったのかもしれません。私は悲しくて泣き暮らしていたのであまり気付いてませんでした。

夫は今、もうすぐ生後4か月を迎えるピリカの躾に奮闘しています。マリモもおてんば娘でしたがピリカはマリモを遥にしのぐお転婆で気の強い頑固者。おてんばな反面、甘ったれで夫が家にいるときはいつも抱っこをせがんでいたマリモと違って、ピリカは力尽きて寝落ちするまで元気いっぱいに走り回るため、夫は毎日振り回されっぱなしで・・・

在宅勤務とはいえ仕事もあるので、私が帰る頃には疲れ果てています。

マリモが家に来るまでは殆ど家事は手伝わず、休みの日は昼まで寝ていた人が、散歩の為に週末も早起きし、マリモの闘病中はせっせとマリモが食べられるものを探してドラッグストアやスーパーを梯子して、今はピリカの食事の支度、トイレの世話に精を出しているのですから、ずいぶんと変わったものです。

たとえピリカが居てくれても、マリモが僅か2歳で虹の橋に旅立っしまった悲しみは簡単に癒えるものではありません。でも、一緒に暮らした2年間でマリモは私達の人生を激変させ、以前よりはるかに豊かにしてくれました。まだまだマリモのことを考えるとき、話すとき、涙をこらえきれない私ですが、マリモとも思い出を大切にしつつ、ピリカを可愛がって生きたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ぴりか日記:ピリカちゃんに出会いました!

f:id:Marimotan:20201016211715j:plain

我が家のピリカちゃん。

ピリカちゃんに出会いました!

昨日のお散歩中、夫とピリカがいつもの公園を歩いていると前方からミニチュアシュナウザーちゃんを連れた飼い主さんがやってきて、ご挨拶してくれたそうです。そこでお互いのワンちゃんの名前を聞いてびっくり!二匹とも「ぴりか」ちゃんだったのです!

ミニシュナのピリカちゃんは現在1歳と言うことで、うちのピリカよりも1歳お姉さん。優しそうな良い子だったそうで、飼い主さんは夫と同じ北海道出身。やはり北海道民は北海道に因んだ名前をつけるのでしょうかね。

f:id:Marimotan:20201016211659j:plain

ミニシュナのピリカちゃん、ピリカより1歳年上のお姉ちゃんです。

ミニシュナのピリカちゃんのお母さんは、是非同じピリカちゃんに出会ったことをInstagramに載せたいということで、2匹一緒の写真を撮ろうとしたのですが、うちのピリカが暴れて撮れず、結局1匹づつ写真を撮ったのだそう。私はまだミニシュナのピリカちゃんには会っていませんが、ぜひお会いして、ピリカちゃん仲間として仲良くなれたらいいなと思います。

犬がいると、こうしてご近所に知り合いができるのが良いですよね!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ぴりか日記:大きくなりました。

今日のピリカ。大きくなりました。

大きくなりました。

こんにちは。

ピリカが我が家に来てもうお直ぐ2か月がたちます。改めてピリカが来た日の写真と見比べてみると、すご~く大きくなっていてビックリです。

当初、マリモへの罪悪感からあまりピリカに積極的に関われなかった私ですが、ピリカがやってきたその日、慣れない様子でキョロキョロしながら家の中を歩き、恐る恐るお水を飲み、小さな体の全身で踏ん張ってウンチをする姿に、この子は頑張って生きているのだと妙に感動したことを覚えています。

生後約2カ月で親兄妹と別れて我が家にやってきたピリカ。当初はお母さんが恋しいのか遠吠えのような声をあげたりしていましたが、すっかり我が家にも慣れて、態度も大きくなりました。

我が家に来た日のピリカ

ブリーダーさんの話では、ピリカが生まれた際の母犬の出産は難産で、4匹が生まれたものの、2匹は生まれてすぐに亡くなってしまったそうです。お母さん犬が命がけで産み落とした命、これからは私達が大切に守っていかなくては。

明後日は初トリミングです。どんな姿になって帰ってくるかな?

今から楽しみです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村