まりも日和

先天性腎臓形成不全による重度の腎不全のため、2歳と18日で虹の橋へ旅立った愛犬「まりも」について綴った「まりも物語」(腎不全と闘った642日間の記録)と、2020年8月に我が家にやってきたおてんば娘「ぴりか」の成長記録「ぴりか日記」、ハンドメイドについて書いた「Atelier Marimo」、その他夫婦二人生活の日々の出来事や思うことを綴ったブログです。

ぴりか日記:お友達とお出かけ♫

f:id:Marimotan:20211119181148j:plain

お友達のリヤンちゃん(真ん中)とロアちゃん(右)とお出かけ。
ルンルン嬉しそうなピリカ。

お友達とお出かけ♫

こんにちは。最近の横浜市は朝晩はだいぶ冷え込むようになりました。日に日に寒くなっても、元気なピリカは早朝からお散歩の催促をして、10°を切る気温の中でも元気にお散歩しています。寒い中のお散歩でも別にいいのですが、いつもの公園は朝露のせいか雨降りでもないのに地面や芝生が濡れていることが多く、そこを元気に走るピリカは直ぐに真っ黒に。

寒さ対策もありますが、それ以上に汚れ対策に犬用服は欠かせません。当初、ブリーダーさんからは成犬時は3㎏ぐらいになると聞いていたピリカですが、今では4.3㎏の大きめヨーキーに成長し、昨年買ってあげた服の約半分は小さくて着れなくなってしまいました。本格的な冬が来る前に少しピリカの冬服を買い足そうと思います。

f:id:Marimotan:20211119181730j:plain

お洋服の丈が足りなくなってきたピリカ。
お友達とお出かけ

先日、いつもの公園で知り合ったワンコのママさんから、一緒にドッグランに行かないかとお誘いを受けました。思えばもう結構長いことピリカをドッグランには連れて行っていません。ありがたくご一緒させて頂くことにしました。

今回一緒にお出かけしたのはミニチュアプードルのリヤンちゃんとトイプードルのロアちゃん。2匹とも公園で知り合ったお友達です。でも、ママ同士はさておき、おとなしいロアちゃんとお転婆娘のピリカはあまり一緒に遊ぶことはありませんし、リヤンちゃんは活動的ですが、やはりあまりピリカとは遊びません。この組み合わせで一緒に遊ぶのかちょっと心配でしたが、とにかくピリカはドッグラン好きなのでご一緒させて頂きました。

行き先は新横浜公園のドッグラン。ピリカは以前から何回も来ているドッグランです。ピリカはもう走りたそうでしたが、まずは公園内をお散歩してママ達のランチタイム!キッチンカーでお弁当を買い、近くのベンチに座っておしゃべりしながら食べました。お散歩で少し疲れたピリカもおやつを食べてひと休憩。そしてママ達のランチが終わったら、いよいよピリカ待望のドッグランです。

f:id:Marimotan:20211126180513j:plain
f:id:Marimotan:20211126180449j:plain
元気いっぱいに遊ぶピリカ。パワー全開です。
よく走りよく遊び

ドッグランに放たれたピリカは、待ってましたとばかりに一気に全力疾走。小さな身体でランの中を走り始めました。リヤンちゃんも他のワンちゃん達と遊ぶ中、ロアちゃんだけは不安そうにママさんの傍を歩いています。ピリカはと言えばそんなロアちゃんを気にかけることは全く無く、他の元気なワンコ達と走って戯れて遊んで・・・。弾丸のように飛び回っていました。

f:id:Marimotan:20211126180708j:plain

ママさんの側を離れないロアちゃんと、ピリカをいつも可愛がってくれるママさん。
ロアちゃんも遊ぼ!

ドッグランを所狭しと走り回り、元気に遊んでいたピリカですが、暫く経つた頃トコトコ戻ってきてロアちゃんとママさんのところに行きました。そして、ママさんの側にピッタリくっついていたロアちゃんを誘い、再びワンコ達の中へ。ロアちゃんもピリカに連れられるように他のワンコ達と触れ合い始めました。

f:id:Marimotan:20211126180541j:plain

2匹で連れ立って他のワンちゃん達の輪に向かいます。

これにはロアちゃんのママさんもビックリ!いつもドッグランに連れて行ってもママさんの側を歩くだけのロアちゃんが他の子と遊んでいることに大感激していました。私とロアちゃんママが見守る中、ロアちゃんはお淑やかにワンコ達にご挨拶をして、ピリカはそんなロアちゃんの近くで、他の犬にお股全開でお腹を見せ、せっせと仲良くしようアピールをしています。

f:id:Marimotan:20211126180546j:plain
f:id:Marimotan:20211126180544j:plain
ピリカと一緒にロアちゃんも他のワンコたちに挨拶に行きます。

さすがにロアちゃんはピリカのようにお腹は出しませんが、その後はママさんの側を離れてあちこち歩いていました。普段は公園で会ってもママ同士ばかり話して犬同士はあまり遊ばないロアちゃんとピリカですが、やっぱり仲間意識みたいなものがあるのかな?よく解りませんが、ロアちゃんを連れにきたピリカを見て、ピリカも成長したものだなと思い、何だかジーンときてしまいました。

f:id:Marimotan:20211127135350j:plain
f:id:Marimotan:20211126180549j:plain
ロアちゃん、こうやってお腹見せると仲良くなれるんだよ!

普段はピリカが元気過ぎてなかなか一緒に遊べない2匹ですが、これからも仲良く成長して欲しいと思います。

帰ってきたら

この日はこの後、1時間近くドッグランで遊び15時ごろに帰宅しました。ピリカも疲れたようで直ぐに眠ってしまったので、もう夕方のお散歩は無しでいいかと思いきや、30分も休んだら完全復活!そしていつものお散歩時間が近づくと「ママ、行こうよ!」と猛アピールしてきます。私は疲れていたのですが、結局ピリカに負けて渋々お散歩に行く羽目に・・・

一体ピリカの体力はどこから来るのでしょう?私は一体いつまで付き合えることやら・・・。頭が痛いです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

まりも物語:まりも18回目の月命日

f:id:Marimotan:20211120110851j:plain

パパとくつろぐマリモ。2019年11月ごろ

まりも物語:18回目の月命日

こんにちは

早いもので、マリモが旅だってから昨日で1年半が過ぎました。今では小さなお骨になってママお手製のリネンの巾着に入っているマリモですが、いつか虹の橋からも旅立って、何処かで生まれ変わるのかなと考えたりもします。

マリモがもし生まれ変わるなら、とにかく健康な身体に生まれて欲しいですし、できればもう一度私達夫婦の元にやってきて欲しいと思います。前回は短かったマリモとの生活ですが、次回はもっとたくさん一緒にいられたらと切に願いますし、旅行等、前回は一緒に出来なかったことをたくさんしたいです。

でも、たとえ私達の元でなくても、とにかく健康に生まれ、優しい飼い主さんのところで幸せに暮らしてくれるなら、それで構わないと思っています。マリモがたくさん可愛がられて幸せに暮らしてさえくれるならそれでいいです。でも、万が一また重い病気を背負って生まれてくるようなことがあったら、その時は絶対に私を見つけて我が家に戻ってきて欲しいと思います。

f:id:Marimotan:20211120083800j:plain

食事の支度をする私に「ママ、遊ぼう」と誘いに来たマリモ。
次は絶対早く気づいてあげられる

マリモは私が初めて自分で育てた子でした。だから異常な飲水量や治らないお漏らしがあっても、子犬って意外とお水を飲むし、お漏らしは成犬になる過程で治っていくだろうと、全く深刻に捉えていませんでした。今だったら絶対に気付ける兆候を幾つも見逃していたのです。今であれば腎不全の兆候は多分かなり初期の段階で気付きますし、他の病気でも、少しでも異変を感じたら念のためにしっかり検査してもらい、恐らくは比較的早い段階で見つけられるのではと思っています。

それに治療段階においても前回よりだいぶ知識も増えましたし、もっと冷静に落ち着いて様々な判断を行えるでしょう。

もちろん、あの時点において、私は自分にできるベストな判断を下していたと思います。でもそれでも辛い思いばかりしたマリモがただただ可哀想で、今も愛おしくて仕方なく、できるならもう一度マリモとの生活をやり直したくなるのです。特に腎不全を知らなかったとしても、実家なチーちゃんよりよくお水を飲むと思った時に、それを個体差として片付けたり、「まだ赤ちゃんだから仕方ない」で済ませずに最初にしっかり検査を受けさせていればと思うと、私の迂闊さが悔やまれてなりません。腎不全発覚後の治療に関しては、できることは全てやったと思っていますが、マリモがやってきてから腎不全発覚までについては悔やんでも悔やみきれないことばかりです。

マリモがあまり食事をしないことも、躾の問題と思ってトレーナーさんに相談する前に病院で相談していたら、また違う結果になっていたかもしれません。終わったことをいくらくやんでも仕方ないことは解っていますが、可愛かったマリモの写真を見るたびに、何故もっと早くに医師に相談しなかったのかと思います。

だから、もし生まれ変わってくるとして、健康に生まれたら何処でもマリモを可愛かってくれる人の元で暮らせばいい、我が家に帰ってきてもいいですが、万が一病気を背負ってしまった場合は、絶対に私のところへ帰ってきて欲しいです。

f:id:Marimotan:20211120084108j:plain
f:id:Marimotan:20211120084110j:plain
もし生まれ変わったマリモが我が家に来たら、ピリカと姉妹逆転?(左:マリモ、右:ピリカ)
もしマリモが帰ってきたら姉妹逆転?

そんな風に、もしマリモが生まれ変わったらと考えていると、ピリカとマリモの2匹と暮らす生活を思い浮かべたりします。

でも、そうなると、生まれ変わるマリモは0歳ですからピリカがお姉ちゃんということになりますね。あんな気が強いわんぱくなお姉ちゃんがいたら、優しかったマリモもママを手こずらせるお転婆娘になるねやかな?ピリカ級の暴れん坊が家に2匹もいたら、我が家はそれこそ大騒ぎになってしまうでしょう。私はお転婆ヨーキー姉妹のお世話で倒れてしまうかもしれません。

そんな日がいつか来るのか来ないのか。毎月19日はただただマリモが健康に生まれ変わり、幸せな生活を送れるよう、昨日は仏壇に向かい手を合わせました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ぴりか日記:初めてのお泊まりトレーニング

f:id:Marimotan:20211111104000j:plain

3泊4日のトレーニングを受けたピリカ。たくさん遊べて楽しそうです。
(写真はお教室提供)

初めてのお泊まりトレーニン

こんにちは。

今日の横浜市は気持ちの良い晴天で、ピリカは朝から元気に1時間近くもお散歩しました。外が好きな子なので天気が良い日にお散歩に出るとなかなか帰りたがらず、かなら長いお散歩になります。

4日間のお泊まりトレーニン

私達が札幌に行っている間、ピリカは横浜でお泊まりトレーニングに行っていました。初めての連泊するお泊まりトレーニングだったので寂しがりはしないかと心配でしたが、その心配は全く無かったようです。

ピリカを預けたトレーニング教室は、トレーニングの様子をInstagramに載せているので毎日見ていましたが、写真にも動画にも楽しそうに歩いたり走ったりしているピリカの姿が写っていました。

f:id:Marimotan:20211113110528j:plain

元気に走り回るピリカ。表情も楽しそうです。(写真はお教室提供)

元気に走り回りお友達と遊ぶピリカの姿を見れば何も心配ないことはわかるのですが、心配性の私はピリカがトレーナーさんの家でもちゃんとご飯を食べているかが気になり何度か連絡してしまいました。トレーナーさんによると、ピリカはずっと食欲も旺盛でよく遊びよく走りよく眠り、トレーナーさんの家のワンコ達や日替わりでトレーニングにやってくるお友達と楽しく過ごしていたようです。

さらに、初日こそピリカなりにしおらしくしていたようですが、慣れてくるといつもの女王様気質が出てきて大きなワンちゃん相手でもかなり強気な態度だったようです。いつもの公園でも小さな身体で態度が大きいピリカは「ピリカ様」と呼ばれていますが、トレーニング教室でもそのピリカ様ぶりを遺憾無く発揮していたようでした。

f:id:Marimotan:20211112210243j:plain

たくさんのお友達と楽しく過ごしました、(写真はお教室提供)
4日ぶりに会ったピリカは

札幌から戻った翌日の朝、ピリカはトレーナーさをに送られて帰ってきました。家に入るなり大興奮で、まだ眠っていた夫のベッドに飛び乗ってパパを叩き起こし、朝っぱらから容赦ありません。

2年ぶりに会った義父の変化に少なからぬショックを受けて旅行中はあまりよく眠れない様子だった夫なので、もっと優しくしてあげてほしいのですが、何せピリカ様はスパルタ気質。夫もたまらず起きてきました。

尻尾フリフリの大興奮で飛びついてくるのですから喜んでいることは間違いないですが、その容赦ない大威張りな姿は「あんた達、このピリカ様を置いてどこほっつき歩いてたんだ!」と私達を叱っているようにも見えます。

帰ってきてからひとしきり大暴れしたピリカ様は、朝食を食べ終えてからお散歩に連れて行こうかと思っていると、そのうちスヤスヤと眠り始め、珍しく午前中いっぱい眠っていました。特に寂しがるでもなく元気に過ごしたピリカですが、やはり初めて長く家族から離れていたので、ピリカなりに疲れていたのでしょう。

f:id:Marimotan:20211113110558j:plain

ぐっすり眠るピリカ。
札幌に連れて行くか・・・

今後は札幌の義父をこれまでより頻繁に訪ねることになるので、毎回ピリカを預けるか悩むところです。ピリカ的にはお泊まりトレーニングも楽しそうなので、少しぐらい頻繁に預けても、多少期間が長くなっても大丈夫そうですが、雪が無い時期の札幌はきれいな公園もたくさんあり、ピリカも連れて行ったら喜びそうな場所がたくさんあります。でも今までの帰省とは違い、今後は義実家の掃除、冷凍できる食事の作り置き、包括センターの職員さんとの打ち合わせなど、私も多分あまりのんびりする時間はありません。

また、ピリカを飛行機に乗せるのも躊躇われます。いつもお散歩する公園で知り合った北海道出身の方は、いつも飛行機に乗せて連れて行くと言ってましたが、私としては客席に乗せられるならまだしも、貨物室に預けるのは不安です。雷が鳴ろうと台風で外は暴風雨だろうとお散歩に行きたがるほど神経の太いピリカですから大丈夫だと思いますが、やはり気が進みません。

まだ今後がどうなるか分かりませんが、もし頻繁に札幌に通い、これまでより長期間滞在するようなら時間はかかりますが新幹線で函館経由で連れて行こうかと検討中です。でも、移動時間が長くなるから余計に負担になってしまうか・・・

義父も犬は好きなので、一度ピリカと対面させたいと思っています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

久しぶりの札幌(2)

f:id:Marimotan:20211108215211j:plain

札幌の紅葉

久しぶりの札幌(2)

こんにちは。

昨夜、無事に札幌から帰りました。ピリカも今朝早くにトレーナーさんに送られて帰ってきました。4日ぶりに会うピリカは、帰ってしばらくは大興奮で大騒ぎでしたが、少しすると落ち着いてきて、朝ご飯を食べると眠ってしまいました。

疲れ知らずな子ですが、4日間のお泊まりトレーニングはやはり疲れたのかな?私と夫は、2人とも今日は休みを取っているので家でのんびりします。

2年ぶりに会った義父は・・・

コロナ禍のせいでなかなか帰省できず、2年ぶりに会った義父は、相変わらず元気ですが滑舌が悪く、話が噛み合わない時がしばしばありました。電話でも時々話が噛み合わなかったりしたのである程度想定はしていましたが、幾らか認知症が始まっているようです。

それでもしっかり自炊も洗濯もして自立した生活をしている義父。しかし、やはり以前は埃が溜まっていることなど無かった部屋の角にはかなり厚い埃の層ができ、本人は一切支障は無いと言いますが、見ていてハラハラすることが多々ありました。義父はとにかく自立した人で、息子夫婦にも福祉にも頼る気はありません。あくまで自力での生活を望んでいるので、本人の意思を尊重してきましたが、それももう限界なのは明らかでした。

80歳を過ぎても誰の手も借りずに生きてきた義父。そろそろ福祉の手を借りてはと話しても、そんな必要はないと頑なに拒否します。それでもしつこく介護認定を受けてみるよう勧める私に対し、決して激昂することなく耳を傾けてくれていましたが、残念ながら話の3分の1ぐらいは噛み合っていませんでした。

そして最後まで「ちゃんと暮らしてるから心配するな。たまに電話くれればそれでいい。」と繰り返していましたが、今日の午前中、私は札幌市の地域包括センターに義父のことを相談しました。

相談員さんの見解と今後の対応

相談員さんと約1時間ほど話した結果としては、89歳という年齢から考えても1日も早く福祉と繋がった方がいいのは間違いないので、今週末に夫からもう一度義父を説得してもらうことになりました。

義父には生活支援が必要ですが、今まで1人で頑張り、何より自立を重んじる義父の誇りを傷つけるようなやり方は絶対に避けなければなりません。義父が義父らしく、長く暮らした家で生活していくためにどんな支援ができるのか。まずは夫から義父に話してもらい、その後は私が包括センターと相談して進めていきたいと思っていますが、何せ寡黙で我慢強い義父ですから、本人の思いを汲み取ることは容易ではないと思います。でも私なりに精一杯語りかけ、義父が少しでも長く元気に自立した生活が送れるよう、私達ができるベストを尽くしていこうと思います。

f:id:Marimotan:20211108215325j:plain

中島公園

f:id:Marimotan:20211108215322j:plain

月寒公園
久しぶりの札幌散策

義父の問題があり、思い切り札幌を楽しめなかった私ですが、将来予定している移住に備えて円山、月寒、桑園辺りを散策してきました。中島公園や月寒公園は紅葉がきれいで、歩き回るだけでも楽しめました。夫は月寒に行くことを楽しみにしていましたが、数十年ぶりに訪れた月寒はかなり様変わりしており、夫は月寒公園を一周して母校の高校をさっと見ただけで帰ることにしました。私が1番楽しみにしていたのは円山ですが、この辺はカフェもたくさんあり、今住んでいる場所ともかなり感じが似ています。でも、何より義父の所に頻繁に通うなら、もう少し義実家の近くがいいのかなとも思いました。

念願の焼きそば屋

夫が以前から「凄く美味しい!」と太鼓判を押していたお店の一つに、「焼きそば屋」がありました。ここはただ焼いただけの焼きそばが出てくるので、卓上のソースを自分で焼きそばにかけて味付けして食べるという、珍しいスタイルのお店です。何度も夫が大絶賛するので是非行ってみたいと思っていたのですが、今まで機会が有りませんでした。

f:id:Marimotan:20211108215351j:plain
f:id:Marimotan:20211108215354j:plain
夫が大好きな「焼きそば屋」
f:id:Marimotan:20211108215348j:plain
f:id:Marimotan:20211108215344j:plain
味付けしていない焼きそばに、卓上のソースで自分で味付けします。

大通り沿いの古いビルの地下にあるお店はなかなか年季が入った感じ。入り口で食券を買って注文するシステムです。夫は大盛りの焼きそばに色々トッピングしていましたが、私はシンプルに普通盛りで卵だけトッピングしました。そして注文した焼きそばがきてびっくり!本当に焼きそばだけで、ほぼ具が無いんです!早速卓上のソースをかけて食べてみましたが、確かに美味しい!色々なソースをかけて楽しみました。

グランドホテルのマリトッツォ

もう一つ今回の札幌で楽しみにしていたのは札幌グランドホテルのマリトッツォです。なかなか時間が無くて、最終日の午後に空港で食べようと買いにいきましたが、ここで予想外の事態が!

f:id:Marimotan:20211108215423j:plain

大きなマリトッツオ。
f:id:Marimotan:20211108215416j:plain
f:id:Marimotan:20211108215420j:plain
林檎パンとコンサドーレ色のメロンパン

念願の札幌グランドホテルのマリトッツォは、私が想像していた物より遥かに大きく、コンビニに売っているマリトッツォの3〜4倍はあります。家なら何とでもなりますが、この大きさのマリトッツォを空港で食べるのは難しそうですし、かと言って横浜まで持って帰るのも無理そうです。残念ですがマリトッツォは諦めて、代わりに林檎パンと、コンサドーレ・カラーのメロンパンを買って帰りました。

また近いうちに

義父の件がどうなるかによりますが、多分近いうちにもう一度札幌に行くことになりそうです。介護認定が降りたらケアマネさんと義父と話し合う必要があるでしょう。夫婦で同席できれば良いですが、夫はそうそう仕事を休めません。今後、暫くは札幌に度々通うつもりで頑張ろうと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ぴりか日記:お泊まりトレーニングに出発!

f:id:Marimotan:20211104180045j:image

お泊まりトレーニングに出発!

こんにちは。

今日の横浜市は気持ちの良い晴天で、やはり朝は肌寒いですが、陽射しは暖かくポカポカしています。

明日から私と夫は2年ぶりの札幌ですが、明日の朝は早朝の出発になる為、ピリカはひと足先に今日からお泊まりトレーニングです。今日の夕方から預けようか悩みましたが、今日は私も夫も出勤ですし、休み前に済ませる仕事もあり残業が予想されます。であれは、朝からお友達とたくさん遊べる方がピリカも楽しいと思うので、ピリカにはひと足先に出発してもらいました。

横浜市は今週末まで晴天が続く予定ですから、ピリカはお友達とたくさん走り回って楽しく過ごしてくれるでしょう。

心配無用とはおもうけれど・・・

今回ピリカを預けるのは毎週通っているトレーニング教室で、トレーナーさんもマリモの時からのお付き合いです。ピリカも慣れていますから問題無いのは解っていますが、初めてのお泊まりトレーニングなので、やはりちょっと心配です。

ピリカはマリモと違い健康ですから体調面での心配はしていませんが、マリモが我慢強く空気を読む子だったのに対し、ピリカは良くも悪くも自由奔放で気が強く、あまり我慢ができる方ではありません。そして意外と寂しがり屋さんです。

フレンドリーで明るい性格なのでお友達とは仲良く遊ぶでしょうが、夜になり毎日私に抱っこされながらウトウトする時間が来たら、ママを恋しがって寂しい思いをするのではないか、数日お迎えに行かないことで捨てられたと思いはしないか、etc・・・。夫には呆れられますが心配は尽きません。自分でも過度に心配性なのは分かっているのですが、コロナ禍もありピリカを数日単位で預けたことが無かったので、やはり心配です。

f:id:Marimotan:20211104180109j:image

過保護な飼い主です(−_−;)

昨夜、ピリカの3泊4日のトレーニングに向けて準備をしていると、「相変わらず細かいなぁ」と夫が苦笑しながら覗いてきました。

私が準備していたのは、ピリカのご飯(ドライフード)1回30g✖️4日分を1回分ごとにラップで包んだ物と、ドライフードにトッピングするお肉や野菜、おやつ類、着替え、愛用のブランケットでしたが、夫はドライフードを全部きっちり計りで30g毎に分ける姿に半ば呆れたようです。私も普段の家での食事では目分量で適当にやりますが、人に預けるとなると全て計測して過不足なく整えておかないと心配でなりません。自分でも過保護でペット離れできていない飼い主だと思います。

夫が出勤するようになって

夫が在宅勤務の時は、ピリカは夫に任せて一人で出かけることもありましたが、夫が出勤に戻ってからは日中もピリカが気になって仕方ありません。しっかり戸締りができているか、ちゃんとエアコン入れてあるか等、数え上げたらきりがなく、家に帰りたくなります。

マリモをお留守番させている時も体調が急変していないか心配でしたが、不思議なことに元気なピリカをお留守番させている今の方が不安は大きいです。とくに関東に大きめの地震があってからは、日中に大地震が来たらどうしようかなど不安は尽きません。先日、久しぶりにサッカーの試合を見に行ってきたのですが、戸締りを夫にお願いして自分で確認していなかったこともあり、途中から窓の鍵が気になって、試合終了後は余韻に浸る夫の手を引いて一目散に帰ってきてしまいました。

夫が家にいると何か気になれば連絡して確認すれば良かったのですが、夫が居ないとそうもいかないので、慣れるまではピリカより私の方が時間がかかってしまいそうです。

明日は札幌

何かと不安は尽きないですが、明日からは2年ぶりの札幌です。義父に会うのも久しぶりですし、一緒にたくさん美味しい物を食べてリフレッシュしてこようと思います。