まりも日和

先天性腎臓形成不全による重度の腎不全のため、2歳と18日で虹の橋へ旅立った愛犬「まりも」との思い出(腎不全と闘った642日間の記録)と、新入りの「ぴりか」の成長と家族の日々の記録

おこもり生活の楽しみ:1、西部警察

f:id:Marimotan:20210124105333j:plain

大門刑事と小暮課長に割って入るピリカ。2020年9月頃。

おこもり生活の楽しみ:1、西部警察

こんにちは。

横浜市は現在2回目の緊急事態宣言下にあり、私も週2日の通勤以外は不要不急の外出を避けています。もともとあまり家でのんびりまったりするよりも出かけるほうが好きな私にとっては、なかなかストレスフルな日々ですが、コロナの感染拡大で医療が逼迫している状況では、そんなことは言っていられません。

今回の緊急事態宣言再発出の前から、我が家には空前の西部警察ブームが到来しており、夫と二人、昨年からすっかりハマっています。

渡哲也さん死去のニュースを見て

きっかけは昨年8月の渡哲也さんの訃報でした。私も夫も渡さんの代名詞ともいえる「大門刑事」が大活躍する刑事ドラマの金字塔、「西部警察」を見て育った世代です(私はPart2の途中ぐらいから)。8月頃はコロナは今より下火でしたが、真夏の猛暑で在宅時間が増えていたこともあり、この訃報を受けて久しぶりに西部警察でも見ようかと、夫と二人でDVDを借りに行ったのが我が家のブームの始まりでした。

当初はそんな古いドラマのDVDなんておいてあるかな?と思っていたのですが、ちゃんとありました!それもPart1からPart3まで、レンタル用のセレクション版ですがしっかりあります。私と夫は大喜びで、まずはPart1から借りることにしました。

f:id:Marimotan:20210123161505j:plain

石原プロモーションHPより画像をお借りしました。

ど派手なアクション、爆発、暴力、何でもありの刑事ドラマ

西部警察と言って誰もが思い浮かべるのは、あのど派手なアクションと爆破シーンなのではないでしょうか。子供のころにも毎回テレビに釘付けになって見ていましたが、その迫力は今も変わらず、現在の刑事ドラマではありえない、パトカーを何台もひっくり返すアクションや、街中での発砲、ダイナマイトでの爆破など、今見てもやはり凄いな~と見入ってしまいます。

また、もう40年も前に作られたドラマということもあり、現代との比較も楽しめます。久々に西部警察を見た私が驚いたのは、

①1980年代の渋谷は必ずしも若者の街だったわけではなく、普通の買い物中の主婦が普段着でたくさん歩いていた。

②青山や恵比寿、広尾あたりでも角刈りやパンチパーマのおじさんが結構歩いている。オフィス街でもパンチパーマの人が歩いていた。

③トイレやお風呂がついていないアパートが都心の一等地に普通に存在していた。

④日本人はこの40年で物凄く若々しくなった。また、女性ファッションセンスやお化粧技術は物凄く向上した。

などなどですが、とにかく今では考えられないような場面がたくさん出てきます。射殺命令も出ていないのに犯人射殺は当たり前ですし、ライフルで銀行を襲う強盗も日常的に起こります。街のチンピラは、職務質問を断っただけでボコボコに殴られていますし、西部署管内では立てこもり事件も日常茶飯事、生活の一部といったところです。もう治安が悪いの何のって、それだけでも大笑いできます。

今ではありえないシーンの数々

西部警察のDVDには、映像の最初に「現在では不適切と思われるシーンも含まれておりますが、歴史的価値を尊重して原作のまま収録しております」といった感じの但し書きが表示されますが、本当に今放送したら大問題になるであろうシーンがたくさんあります。

まだ容疑が確定たわけでもない容疑者が、取調室でボコボコに殴られていたり、ヤクザの情婦を殴り倒してヤクザの居場所を聞き出したり・・・。

また、今だったら大問題になると思いますが、ある回では、あるヤクザの情婦に聞き込みに行った際に、その情婦はちょうど着替えの真っ最中て、お真っ黒な下着姿で「は~い!」と玄関を開け、刑事が部屋を漁っている最中に黒いストッキングをガーターベルトで留めはじめます。そして刑事二人に「ねぇ、私の靴下が片方無いの。探してくれる?」と頼むのです。結局、この片方のストッキングが犯人特定の鍵になるので重要なシーンではあるのですが、見ていた夫と私は「あんな格好で玄関開ける人いないでしょ!」と大笑いでした。

また、列島縦断ロケの北海道編では、犯人グループはバズーカー砲や手榴弾武装しており、とてつもなく危険な中を大門軍団と北海道警が犯人を追い詰めていきます。すごい迫力で見応えがあるのですが、大門軍団はともかく北海道警察のパトカーは仲間が何台も炎上する中でも、全くひるまず犯人を追い詰めます。その北海道警の命知らず過ぎる追跡が私にはツボで、大笑いしながら何度も見てしまいました。因みにこの北海道ロケでは豊平川の河川敷で撮影が行われているのですが、当時札幌在住の高校生だった主人は友達と見に行ったそうです。

決して再現できない貴重なドラマ

今見てみると、突っ込みどころ満載のドラマではあるのですが、やはりなんといっても迫力満点で、本当に面白いです。すっかりハマった夫は、レンタルだけでは物足りないと、ついに全236話収録のDVDを購入してしまいました。最近は夜は全く外出しないため、連日のようにDVDを見ていますが何せ236話もあるのでまだまだ楽しめそうです。

ストレスが溜まりがちなおこもり生活の日々、こんなに楽しく毎晩大笑いさせてくれる西部警察に、渡哲也さんに、石原裕次郎さんに感謝しつつ、ご冥福をお祈りしたいと思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

まりも物語:(番外編)靴下遊び

f:id:Marimotan:20210123124515j:plain

2019年3月ごろ。ママの靴下を咥えて得意そうなマリモ。

靴下遊び

こんにちは。

コロナ拡大による緊急事態宣言を受けて私の出勤日も減り、現在は週に2日だけ出勤しています。収入は減りますが、在宅時間が増えたおかげでピリカと遊ぶ時間も増え、少しはハンドメイドに使う時間もできそうです。

せっかく在宅時間が増えたのだから、雑用をチャチャっと片づけて自由時間を作ればいいのですが、そこは生来の怠け者の私、ダラダラしているうちに一日が終わってしまっています。特に先日念願だったマリモの写真集を作ったこともあって、時間があると写真集を見ては涙ぐんでばかり。マリモは虹の橋でこんなママに呆れているかな。

f:id:Marimotan:20210123124526j:plain

2019年10月ごろ。夫が履いていた靴下を取ろうとするマリモ。

マリモが飛び跳ねなかった朝

昨日の夜、ピリカと古い靴下を使って遊んでいるときに、ふとマリモと遊んでいた日のことを思い出しました。まだ尿毒症が悪化するより前の、マリモが表面上は元気だった日々の終わり頃のことです。

マリモと私がよくやっていた遊びに、古い靴下の取り合いがあります。マリモは洗濯物の中から靴下を探して咥えてきては、私に追いかけさせて取りっこをするのが大好きでした。でもそれをやられると直ぐに靴下がボロボロになってしまうので、私はマリモの遊び用に穴の開いた古い靴下をとっておき、マリモが洗濯物やタンスから靴下を取り出す前に見つけるよう、目につくところに置くようにしていました。

そのようにしていつも靴下を置いていたのが、寝室を入ってすぐの所にある夫のベッドの上でした。ベッドの上のマリモでも届く位置に靴下を置いてベッドメイキングをしていると、マリモは様子を見に寝室までやってきます。そして靴下を発見するとすかさず飛び跳ねてそれを取り、そのまま咥えて一気にリビングにダッシュ!そして私がマリモを追いかけて何度も引っ張りっこをしながら取り返すという単純なものなのですが、マリモはこの遊びが大好きでした。

その日もいつものようにマリモ用の古靴下を持って私は寝室に向かいました。朝のお散歩が済んだマリモはソファーの上でまったり休憩中でしたが、私が古靴下を持って寝室に向かったことに気づき、直ぐに後を追いかけてきました。

私がいつもの位置に靴下を置いて、ドアの隙間から覗くマリモに気づかぬふりをしながら毛布を直していると、いつも通りにマリモが夫のベッドの縁の辺りにやってきて、私の様子を伺っています。私はマリモが靴下を取ったら追いかけようとタイミングを計っていたのですが、その日、マリモはベッドの縁で尻尾を振っているだけでいつものように飛び上がって靴下を取りませんでした。

私は怪訝に思いながら、靴下の位置が悪かったかなと思い、少し縁の方に移動させてみましたが、やはりマリモは靴下を取りません。私は更に靴下を移動させて、マリモでもちょっと背伸びすれば十分に届く位置に置いてみましたが、やはりマリモは全く飛び跳ねることも背伸びすることもありませんでした。結局マリモは暫くベッドの縁で私の方を見ながら尻尾を振っていただけで、靴下はそのままにしてリビングに戻って行ってしまったのです。そしてその後、マリモがこの大好きだった遊びをすることは二度とありませんでした。

f:id:Marimotan:20210123124535j:plain

尿毒症になり、前脚に管を指すようになってからも、マリモは靴下遊びが大好きでした。

あの日の違和感

私はあの日、マリモが飛び跳ねて靴下を取らなかったことを、「あれっ?どうしたの??」とは思いましたが、あまり深く考えることはありませんでした。今にして思えば、あの時マリモは尻尾を振りながら「ママ、もう飛び上がれないの。もうその遊びできないの。」と訴えていたのかもしれません。あの頃、私は毎週欠かさず点滴を受けさせていたこともあり、マリモの容態は安定していると思い込んでいました。しかし実際には腎不全は容赦なく進行し、マリモを蝕んでいたのです。

あの時、微かでもマリモの様子に違和感を感じたのなら、病院で詳細な検査を受けさせるべきだったと思います。その後直ぐにマリモが重度の尿毒症になり、必死の闘病生活が始まってからは思い出すことも無かった出来事でしたが、昨夜、靴下めがけて元気に飛び上がるピリカの姿とマリモが重なって、あの日の出来事が突然鮮明に思い出され、私はあの時、重症化の兆候を見逃してしまったのだということに今更ながら気付きました。

虹の橋でマリモは

あの日以降、靴下めがけて飛び跳ねることのなかったマリモは、今は全ての苦しみから解放されて、虹の橋で元気に飛び跳ねているのでしょうか。靴下を取ろうとするピリカの姿に突然マリモが重なった時、私はもしかしたらマリモが「ママ、また靴下遊びできるようになったんだよ!」と伝えに来てくれたような気がしました。

マリモがよく遊んでいた靴下はマリモが旅立った後に処分してしまいましたが、また靴下遊びをするのであれば新しい靴下が必要です。ちょうど最近ピリカに穴をあけられてしまった靴下があるので、今朝はまりもの仏壇に新しい?穴あき靴下をお供えしました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

ぴりか日記:今日で7ヶ月

f:id:Marimotan:20210120155046j:image

今日で7ヶ月

こんにちは。

ピリカも今日で7ヶ月になりました。体重も3.3kgになり、ヨークシャーテリアとしては既に結構大きめですが、多分もう少し大きくなりそうです。

7ヶ月祝いに犬用ケーキを買う予定でいましたが、あいにくピリカは昨日からお腹を壊しており、今日は食事を控えないといけません。動物病院で1日分の栄養と水分を点滴してもらっているので、食べなくても問題ないのですが、やはり食べたがる姿を見ると可哀想で・・・。でも早く回復させるためにも、心を鬼にして今日は我慢させています。

いつもの病院で

病院ではマリモもお世話になった先生と動物看護師さんが、変わらぬ笑顔で迎えてくださいました。マリモがいた頃は週に2〜3日、具合が悪い時は毎日通っていたので、皆さんとはすっかり顔馴染み。行くたびにピリカの成長ぶりを一緒に喜んでくれます。

今日はいつも混んでいる病院が珍しく空いていたため、看護師さんとちょっと立ち話。「この子はマリモちゃんよりだいぶヤンチャそうなお顔してますねぇ。」とピリカの身体を撫でてもらいました。

マリモの通院の時もそうでしたが、皆さん本当に親切で優しい方ばかりです。家のすぐ近所に良い病院があって良かったと思います。

コロナは収まる気配もなく、友達とも会えない毎日は、時々気分が落ち込むこともありますが、ピリカが元気に成長する姿を励みに頑張って気分を上げていきたいです。