まりも日和

先天性腎臓形成不全による重度の腎不全のため、2歳と18日で虹の橋へ旅立った愛犬「まりも」について綴った「まりも物語」(腎不全と闘った642日間の記録)と、2020年8月に我が家にやってきたおてんば娘「ぴりか」の成長記録「ぴりか日記」、ハンドメイドについて書いた「Atelier Marimo」、その他夫婦二人生活の日々の出来事や思うことを綴ったブログです。

まりも物語&ぴりか日記:動物病院に通った日々(1)

f:id:Marimotan:20211206163528j:plain

パパに甘えるマリモ。2019年12月頃

動物病院に通った日々(1)

こんにちは。

12月に入り、横浜市も朝は吐く息が白くなるほど寒くなってきました。寒くなってきたので冬用の洋服を着て出かけるピリカですが、マリモのお下がりのダウンジャケットを着ていると、まるで在りし日のマリモのように見えるときがあります。

突然の嘔吐

いつも元気な我が家のピリカ姫ですが、先週からちょっと体調を崩しています。いつもは土日でも情け容赦なく朝5:30には大騒ぎをして私をたたき起こすピリカが、先週日曜日の朝は全く吠えませんでした。私は変だなとな思ったのですが、前日にいつもの公園でお友達とたくさん走ったこともあり、珍しく疲れて寝坊しているのだろうと思って、これ幸いと7時ごろまで起きて行きませんでした。

しかし、起きて行ってピリカの寝ているケージを見てビックリ!ベッドの後ろに大量の黄色い液体が見えたのです。ピリカは夜中に少なくとも2回は嘔吐していました。犬は時々嘔吐することもある動物ですが量も多過ぎますし、ピリカは明らかに元気がありません。

f:id:Marimotan:20211206200218j:plain

マリモのお下がりの服を着てお散歩するピリカ。

そのうち夫も起きてきて、一緒に様子を見ましたが、ピリカは部屋を歩き回るもののいつもの勢いはなく、食事にも全く手を付けようとしません。なので夫とも相談し、動物病院が開いたら連れて行くことにしました。

そして私達が軽い朝食を摂っている最中、ピリカが再び数回にわたって黄色い胃液を吐きました。ひとしきり吐き終えたピリカは、また部屋の中を歩きだしましたが、私はピリカが嘔吐する姿を見て大量に嘔吐し大きく痙攣して息絶えてしまった時のマリモの姿を思い出し、少し過呼吸気味になってしまいました。

何度も嘔吐を繰りかえすピリカ

幸い過呼吸は直ぐに治まったので、9時に病院が開くと同時にピリカを連れて病院へ。しかし、特にこれと言って異常はなく、何か飲み込んでいないかレントゲンも取りましたがレントゲンにも何も映りません。ピリカも少し元気になっていたこともあり、とりあえず吐き気止めの入った皮下補液と胃炎の薬をもらって帰宅することになりました。

ところが帰宅して1時間も立たないうちにピリカは再び嘔吐。何度も吐いて苦しそうにしています。急いで病院に電話すると、医師からは薬が効いてくるまで2~3時間はかかるので、とりあえず様子を見て、再び嘔吐するようであれば追加の処置をするから連絡するようにと言われました。

f:id:Marimotan:20211206163616j:plain

吐気は止まったものの、パパの膝でおとなしくしているピリカ。

医師の言葉で少し落ち着いた私は、何とか薬が効いて吐き気が止まってくれることを祈りながらピリカを見守っていましたが、15時より少し前にピリカは再び嘔吐。私は再び慌てて病院に電話を掛けました。日曜日の午後は休診だったので留守番電話になっていましたが、私が残したメッセージを聞いた医師は直ぐに折り返しをくれました。

そして15時過ぎに再びピリカと病院へ。ピリカは診察台の上で暴れる元気はありましたが、吐き気止めを打ったにもかかわらず嘔吐が続いていました。そのため石とも相談し、もう一度先程より強い吐き気止めを打って、血液検査もすることになりました。

もう勤務時間外なので看護師さんはいない為、私が医師のお手伝いをしてピリカの身体を押さえることに。思えばマリモを通わせていた頃は、何度も時間外診療を受けて、私がマリモが動かないよう押さえていました。マリモを最後まで入院させずに看取れたのは、いつも私の残した留守電メッセージを聞き次第折り返しをくれて、ほぼ毎回対応して下さった先生のおかげです。

注射が嫌で逃げようとするピリカを押さえていると、マリモと病院通いした日々のことが甦ってきて、思わず目頭が熱くなってきました。マリモはいつも殆ど動くことなく大嫌いな注射や点滴に耐えていました。本当によく頑張ってくれたと思います。

医師は手際良く血液検査用の血液を取ると、吐き気止めを注射し、検査結果は後から電話で知らせて頂くことにして、私とピリカは病院を後にしました。

長くなったので次回に続きます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村